2017年の年賀状ももうすぐネット注文しなきゃ!

年賀状を「書く」のは好きですか?

もう何年も前から年賀状は「書く」ものではなくなってきてますよね。ハガキに宛先も本文も印刷してあるものが主流です。我が家でもいただく年賀状のほとんどが両面印刷の年賀状です。

子供の頃は、年末におコタで暖まりながら、色ペンなどを沢山使用して書いていました。

そして大人になった今、なんと今でも私は両面を手書きで書いています。

正直、もう絶滅種かもしれません(笑)。しかも筆ペン書きです。子供の頃に習字を習っていたので今でも習字が好きなのです。

年末は仕事がとても忙しい時期なのですが、夜は時間をとって筆ペンで一枚一枚丁寧に書きます。

私は宛名から書き始めます。ちょっとの字の曲りはご愛敬と言うことで勘弁していただきましょう。宛名書きは一文字進む毎に相手の方を思い浮かびます。今年は会えなかったなぁ…とか、お子さんはもう小学生だっけな…なんて考えるのが楽しく、年末の醍醐味です。

宛名書きが乾いたら、来年の干支の判子を押して昨年のお礼と年頭のご挨拶文を書きます。

昔習字を習っていたわりには、実はそれほど上手くはないので(汗)、短く簡単な文章になりますが、気をつけつつゆっくりと書いていきます。

しゃんと背筋を伸ばしての作業は適度な緊張感が楽しいです。忙しい時期だからこそ、逆に気持ちのリセットが出来るのもいいところです。書き上がるのに時間はかかりますが…。

細かい近況を書き添える時にはそこだけボールペンを使用して出来上がり!達成感あります!

今時両面筆ペン手書きの年賀状は珍しいせいか、時折「手書き年賀状で嬉しいよ~」と伝えてくれるお友達もいます。自己満足ですが、喜んでもらえているのかもと思います。

印刷の年賀状どころか、SNSで新年の挨拶を済ます方も多い昨今ですが、このようなアナログなやり方もなかなか心弾むものですよ!字が下手だって丁寧に書けばいいんです。

『下手』と『雑で汚い字』は違います。きっと心が相手の方に届くと思っています。

2017年の年賀状もネット注文します。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP