目の下のクマが嫌で仕方ありません。

子供の頃から目の下のクマがありました。

親に心配され、貧血だからとひじきばかり食べさせられたり、目の使いすぎだからとゲームで遊ぶ時間を制限されていました。

その頃私はクマをあまり気にしていませんでした。

 

中学生になると、容姿が気になり始めました。

目の下の黒ずんでいるクマをどうにかしたいと思い、睡眠時間を増やしたり、目の周りのマッサージをしましたが、目の疲れが取れるだけで改善することはありませんでした。

 

高校生になると、スキンケアやお化粧に興味を持つようになりました。

デパートの化粧品売り場に通い、様々なアイクリームを試しました。

具体的には、アイクリームを用いて目の周りのマッサージをしてから寝ていました。

そうすることで、翌日目の下のクマが目立たなくなります。

完全にはなくりませんが、現在でも続けています。

今のおすすめはこちらです>>>目の下 クマ クリーム

 

また、パールの少ない下地を使い、目の下に暗めのコンシーラを使うというお化粧を覚えました。

そうすることでクマが一段と目立たなくなります。

 

しかし、ケアやお化粧でクマを目立たなくすることはできても、実際にクマはなくなりませんでした。

クマを気にするあまり、異性に対して積極的になれなかったこともあります。

しかし、ケアをしなければ、クマは酷くなる一方です。

 

悩んでいても仕方ないので、目の下の皮膚が薄いだけだから心配いらないですよという、化粧品売り場のお姉さんの言葉に元気をもらいながら、いつかクマが無くなることを信じて、毎日ケアを頑張っています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP